救急外来看護師になるには

救急外来看護師になるためには?

救急外来で看護師として働きたいとお考えのあなたへ。

救急外来は病棟勤務と異なり、気持ちの切り替えが大切な職場と言われます。急変時の対応や処置、患者、家族への対応など、病棟とは異なる部分が多く、迅速な行動を求められる仕事ですね。

特に患者さんとの関係は入院、オペ室搬入だけになりがちです。病棟のように日常生活に携わることが無いため、最初は戸惑うナースも多いですが、働く内に仕事のやり甲斐を感じる方が多いようです。

「他人の人生を救うことに貢献できる」ことに充実感を感じられるナースは、救急外来で長期間働く傾向にありますね。

また、一般外来看護師との違いは、「いつどのような症状の患者さんが運び込まれるか(来院されるか)分からない」ということです。

患者さんの数が少なくて落ち着いている日もあれば、重篤な患者さんが重なることもあります。様々な診療科適応の患者さんが訪れるので、幅広い知識も必要になりますね。

そんな救急外来の看護師になるには、現在働いている病院で希望を出して配属されるか、もしくは救急外来の求人募集を探すことですね。

現実的には、まず現在の病院に救急外来がある場合は希望を出してみる、叶えられなければ求人を探す、という流れが良いのではないでしょうか。

病棟や一般外来と比較すれば求人数は少なくなりますが、それでも救急外来の募集は全国的に見られますし、人材紹介会社を利用することでスムーズに転職できる可能性が高くなります。

救急外来で働きながら、認定資格である救急看護師を目指す、という選択肢もありますので、将来のビジョンを描きながら転職活動を行われてみてはいかがでしょうか?

ランキングページへ

このページのトップへ