トリアージナース

トリアージナースとは

救急外来で重要な役割を果たす存在として、トリアージナースという看護師が注目されています。

救急医療の現場は医師も看護師も人手不足といわれています。その中でも一人でも多くの患者さんの命を救うために、重症度・緊急度の高い患者さんを見極めて、優先順位をつけることをトリアージと言います。

トリアージナースとしての役割を持つ看護師を置いてから、救急救命の成功事例が増えたという病院は多いということです。

救急外来には、本当に緊急で診察・治療が必要な方から、実際にはそれほど急を要するというわけではない症状まで、様々な患者さんが訪れます。

緊急度の高い患者さんがみんな救急車で搬送されるかというとそうではなく、中には自力で歩いて来院されたり、自分で車を運転したり、ご家族とタクシーで来院されたりといったことも多いのです。

そうした場合、他の患者さんと一緒に待合室で基本的には順番待ちをしますが、その待っている間にも体調が急変する事も多々あるのだそうです。

こうした潜んだ緊急性を見極め、優先度をつけていくことがトリアージナースの重要な役割・仕事内容とされます。

トリアージナースになるには

トリアージナースには本人でさえ気づいていない事もある兆候を見極める洞察力、そして他の患者さんよりも優先度を上げるという判断力が必要となってきますから、ある程度経験を積んだ看護師が担当することになります。

多くの医療スタッフがいる救急医療の現場が、円滑に動けるように初期判断をする存在として、重要な役割を果たすトリアージナース。

今後も育成に力を入れ数を増やしていきたいとする病院も多く、救急看護師として働くナースの方にとって目標とされる存在になってきています。

救急看護の現場としても、トリアージナースの育成は急務といえ、教育・研修をするコースも増えてきています。

研修を受けるためには、やはり救急医療の知識・経験が必要となってきますので、基本的には受講条件として救急医療の現場に携わっている看護師が対象とされています。

今後ますます重要な役割を果たすであろうトリアージナースの仕事。救急外来看護師としての仕事の先として、目標にされてみてはいかがでしょうか。

ランキングページへ

このページのトップへ